ボストン市に絵画を贈呈しました。

今年は1959年に京都市とボストン市(アメリカ合衆国)が姉妹都市提携を行ってから60周年を迎えます。

ボストン市にとって最初の姉妹都市が京都市であり、ともに歴史あるまち、大学のまちとして、文化、学術、スポーツなど多くの分野において両市は交流を重ねてきました。

2019年4月4日、京都市で京町家を改修し、宿泊施設として運営する株式会社レアル取締役本部長の舟木卓と画家の大杉真司さんが門川市長を訪問し、これからも京都市とボストン市の友好関係が続いていくようにという願いを込め、寄贈品として舞妓の絵を贈呈しました。こちらの絵はボストン市長のマーティ・ウォルシュ氏に送られる予定です。

Rinn公式アプリ「京都なび」リリースしました。

2019年4月1日、Rinn公式アプリ「京都なび」をリリースいたしました。

京都市内の飲食店、文化体験、ナイトスポット、観光地、ハラール情報までもうらした情報満載の無料アプリです。割引やプレゼントといったお得なクーポンも付いています。
京都市で50棟以上の宿泊施設を運営するレアルだからこそできたアプリです。国内外からくる観光客にもっともっと京都を楽しんでほしいと思って作りました。

Rinn Kamiebisuのオープニングセレモニーを行いました。

京都駅から徒歩7分、閑静な住宅街に29室のホテルタイプRinn Kamiebisuがオープンしました。

当日、エントランスの桜の下でオープニングセレモニーが行われました。

3階建ての館内は黒と白で統一され、ファミリータイプのお部屋には墨アートが施されています。京都の伝統工芸品やアートが飾られた空間でリラックスして頂ければと思います。

Rinn Heian Shirakawaのオープニングセレモニーを行いました。

東山区の岡崎エリア、白川のほとりにRinn Heian Shirakawaがオープンいたします。

当施設は18室のホテルタイプで、白川の自然をイメージした緑色を基調とした内装に仕上がっております。

3月15日にはオーナー様、施工会社、近隣の方をお招きしてオープニングセレモニーを行いました。京都の桜を、Rinn Heian Shirakawaから楽しんで頂ければ幸いです。

小川珈琲「珈琲物語VOL.35」に社長のインタビュー記事が掲載されました。

小川珈琲が発刊している季刊誌「珈琲物語」VOL.35で当社代表取締役社長 児玉舟のインタビュー記事が掲載されました。

宿泊施設「Rinn・鈴」を立ち上げた思いや、Rinnをとおして京都の歴史・伝統を世界に発信すること、今後のビジネス展開などを語っています。

「Rinn・鈴」では小川珈琲とコラボしたオリジナルドリップ珈琲を宿泊客に提供しています。これは京都という地域に貢献すること、経済を活性化する事、伝統を残すことを目的に京都の老舗企業とのコラボ第一弾でした。宿泊客からも大変人気で、お土産にしたいという声もたくさんあります。

こちらの季刊誌VOL.35を持って、宿泊予約をした方にはRinnオリジナルドリップ珈琲をプレゼント致します。期間は3月1日から5月31日までです。

記事はこちらをクリックしてください。